愛媛製紙

採用情報

会社の特色

段ボール原紙と家庭紙原紙が
当社の二大主要商品です

段ボール原紙は中芯原紙・外装用ライナーを製造しています。販売先の段ボール会社で、段ボールケースや段ボールシートに加工され、包装・運搬などに使われます。日本で段ボールが普及し始めた頃、当社は1959年(昭和34年)より製造を開始し、半世紀以上の製造経験と技術蓄積があります。特に主力商品である中芯原紙は、一般品はもとより耐水・強化・耐水強化品を各種取り揃えています。国内だけでなく海外の段ボールメーカーでも「EHIMEブランドの中芯原紙」として使用されています。

一方、家庭紙原紙は、1978年(昭和53年)より製造を開始、主にカミグループ加工会社で加工され、ティシューペーパー・トイレットロール・キッチンタオルなど「エルモア®」ブランドの家庭紙製品として全国で販売しています。

同じ紙と言っても、段ボールの素材として使用される段ボール原紙は、強度や耐久性・耐水性などが要求されるのに対して、家庭紙原紙ではティシューペーパーに代表されるように、薄く柔らかく肌触りがよくて吸水性が求められるなど、全く性格が異なるものです。製造装置の方式も大きく異なり、製造技術もそれぞれに応じたものが必要になります。当社はこの両分野ともに高い製造技術を有しており、業界屈指の品質と販売量を確立し高い評価を受けています。さらなる向上を目指し、品質管理に欠かせない最新の高精度計測システムを業界に先駆けて導入するなど、常に新しい視点で、高い品質と顧客ニーズを先取りした製造開発を行っています。

また新たな事業展開を目指し、研究開発も積極的に行っています。柑橘由来セルロースナノファイバーは、中小企業庁の“戦略的基盤技術高度化支援事業”の採択を受け、愛媛県等と共同で開発を進め、令和3年「MaCSIE®」(マクシー)の製品化に成功し販売を開始しました。これは、新素材の開発と廃棄物の有効利用が同時にできた一例です。今後も資源の有効利用やリサイクルを活用した製品開発を行ってゆきます。

「打てば響く」という社風が
躍進の原動力

紙を製造するのは機械ですが、機械を動かしているのは「人」。セクションや肩書きを越え社員同士の距離が非常に近い点が、当社の特色であり大きな強みです。

経験や年齢にとらわれることなく、日常の業務や会話を通しタテヨコの連絡を密に取り合うことで、様々な問題を会社全体で的確に把握、すばやく対応しています。会議時には主要社員が一斉に集まるため結論が早いのはもちろん、新しいアイデアやチャンスも逃しません。

より良い製品を生み出すという一つの目標に向かい、社員一人ひとりが日々尽力しています。

  • リクナビ
  • 募集要項
  • 社員紹介

企業情報

事業案内

サステナビリティ

採用情報